マザー牧場から代々木公園にやってきた牛物語

d0086041_2115264.jpg

わたしは牛。
いままで色々な人間の家をわたり歩いてまいりました。今日も、代々木公園のフリーマーケットとかいう市場へ、おばあさんの商売荷物に詰められてガタゴトと運ばれてまいりました。


d0086041_21172162.jpg

今日の市場はやたらと活気があり、寒空の下 厚く着こんだ人間たちがたくさんいました。
わたしは今日こそ逃げて、マザー牧場へ帰ろうと思っていたので、色々と計画を練りだしました。


d0086041_21173435.jpg

「さて、おばあさんがよそ見をしているまに、あの毛皮に隠れて逃げてしまおうか」とわたしは思いました。


d0086041_21174331.jpg

でも、毛皮売りのおじさんに見つかりそうで、やめました。
牛革にされてしまっては困るので ( といってもわたしの体はとっても硬いのですが )


d0086041_21175557.jpg

「さて、この若者が売っているシャツは牧場主が買いそうだから、ここにまぎれれば牧場へ行けるかも」とわたしは思いましたが、ゆっくりと考えているまにシャツはさっさと売れてしまいました。 ( 牛は何事においても、動きがにぶいのでね )


d0086041_21181141.jpg

「さて、売り子をしているあのかわいい女の子のところへ行けば、牧場に帰るのを手伝ってくれるかも」と、わたしは思いました。



d0086041_21182351.jpg 「そうだ、そうだ、そうしよう!市場が終わるまでに、こっそり移動しよう」と、ガラクタのあいだで牧場の兄弟たちへ思いをはせていると、目の前に、とても大きな女の人があらわれました。
「すてき~!」とその女の人は目を輝かせながら私を手にとり、おばあさんと何か熱心に話をすると、私を紙袋の底へと入れてしまいました!




d0086041_21234364.jpg

ガタゴト、ガタゴト・・・紙袋が揺れます。
ああ、また逃げるのに失敗してしまった。
私はまた人間の家の狭い棚の上で ほこりまみれになって暮さなければいけないのか・・・
そう思うと、涙がひと粒、ホロリとこぼれました。


d0086041_2118387.jpg

ところが、その女の人は私をきれいに布で磨き、陽のあたる外に置いたのです。
目の前には、プランタ-で緑と黄色の花が咲いていて、私はそのうち逃げようと思っていましたが、なかなかに居心地もよいので、


今日もうとうととうたた寝をしながら、マザー牧場に帰る夢を見ています。
また、女の人の嬉しそうな声が聞こえてきます。

「見てこれかわいいでしょ~ 代々木フリマで見つけたの~ 300えんで!」  おしまい.
[PR]
by milk_4shie | 2008-12-16 22:13 | diary... ( 日々の暮らし )


アーティスト, ヨシエのBlogです ('Y')/ *現在は, AtelierYOSHIE by Yoshie Allan の Website に Blog も移転しています. www.yoshiemilk.com へどうぞ !


by milk_4shie

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
News! ( お知らせ )
diary... ( 日々の暮らし )
Friends! ( ともだち )
Marriage ( 日英結婚 )
Baby ( 妊婦 &育児 )
Cooking ( お料理 )
Letter ( お手紙 )

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ライフログ


ヨシエフォンデュ


ツキミモザ


ギイドロとマレンカレン


ム・チャ・チャPRESENTS ポンポルトンタン (nina’s ehon)


ロンドンのおさんぽ

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧